解体工事の専門業者の選び方とやるべきことをチェック

業者選びで失敗しない!解体工事業者の見極めポイント

見積もり取得の必要性

解体工事の前に、必ず見積もりを出してもらうよう覚えておきましょう。解体工事では、予想外の作業が必要になることがあり、少しずつ料金が高くなってしまう場合があります。兵庫県の相場価格をチェックし、見積もりと照らし合わせることを忘れないでおきましょう。

空き家の解体工事を行なう上で周辺住民へ配慮したいこと

解体前の事前説明は必須

解体工事中は騒音やほこりといった周辺住民への被害が考えられます。工事期間やどのような工事を行うのかなどを事前に説明する必要があります。

解体後のお礼にも行きましょう

解体工事後には、工事終了の報告と騒音などを我慢してもらったお礼として、再度周辺住民にあいさつに行くとよいでしょう。

周辺環境の清掃を忘れずに

解体工事中は周辺の道路や駐車場などにちりやほこりがたまってしまいます。工事期間が長い場合は途中で清掃をすることを検討しましょう。

地鎮祭をするかどうかも検討

その地の神様にお礼をする儀式ですが、こちらは自身や家族、周辺住民の意向をくみ取って実施するかどうか考えましょう。

解体工事の専門業者の選び方とやるべきことをチェック

重機

解体工事の相場価格とは

空き家の解体工事にかかる費用はさまざまな要因によって大きな差があります。例えば、隣接する建物との距離が近かったり、複数の重機が必要な解体方法を選んだりした場合は相場価格は高くなります。また、建物の種類によっても相場価格に大きな差が現れます。木造住宅であれば1坪あたり30,000円前後、鉄骨であれば1坪40,000円前後とされています。鉄筋コンクリートの空き家が最も高く、1坪あたり50,000円前後が相場とされています。

安心して依頼できる業者の特徴

解体工事を一任する訳ですから、信頼できる業者を選びたいことは言うまでもありません。信頼できる業者の特徴として、スピーディな対応をしてもらえることが挙げられます。見積もり依頼から作業日確定まで、密な連絡と親切な対応でスムーズに進んでいく業者を選びましょう。見積もりを依頼してからの期間を目安に考えると良いでしょう。同時に、見積もりの費用内訳が明確であることを確認しておくと、信頼できる業者であると判断できます。

木造物件の解体方法

木造物件の解体工事は、比較的スムーズに進めていくことができるとされています。まずは周辺環境を調査し、工事の日程や時間を決定します。解体工事は周辺住民への配慮として、シートによってほこりがとぶのを防ぐところからはじまります。家の中の残置物や瓦を取り除いて、重機によって建物の解体がスタートします。基礎の部分まで撤去が完了すると、塀なども一緒に撤去します。最後に重機を用いて整地をして解体工事が終了となります。

広告募集中